menu

CSR活動
CSR

無地ウェア製品の生産と流通を通じて
社会を、経済を、明るい未来へ。

毎日身を包むアパレル製品は私たちの生活に欠かせないもの。
私たちは無地ウェアのアパレルメーカーとして、あらゆる暮らしとビジネスを下支えし
社会と経済をよりよい未来へ導きます。

未来のための、当社のお約束

社会への貢献

  • 事業を通じた社会貢献の実現を目指します。事業規模の拡大に伴う雇用の創出と継続をはじめ、安心安全の品質管理のもと、環境負荷に配慮した生産体制の構築を進めます。
  • 潤沢な在庫と即日出荷可能な体制で企画から商品化までのリードタイムを短縮し、需給ギャップによる衣料品廃棄を低減、環境問題解決に貢献いたします。

働く人の物心両面の幸せを実現

  • 働く人の挑戦を支援し、自己実現の充実感を得られる環境をつくります。
  • 人材開発室の発足をはじめ、各種教育研修プログラムの充実を図ります。
  • 人権を尊重し、各種ハラスメントの防止に努めます。
  • 安心・安全に働けるワークライフバランスを実現します。
    • 最低賃金保障をはじめ、法令遵守を徹底します。
    • サービス残業を禁止し、時間外労働へ適切な対応を行います。
    • 労務管理を徹底し、過度な残業を未然に防ぎます。
    • 有給休暇を含む、適切な休暇の取得を促します。
  • 障がい者の方が安心して働ける環境を整え、雇用の創出を目指します。

環境への配慮

資源の有効活用と環境負荷の低減

  • 生産工場での梱包を出荷時にも活用し、梱包資材の削減を実現します。
  • 物流倉庫など、照明のLED化を進め、消費電力の削減を目指します。
  • 紙資源の削減を目指し、ペーパーレス化を進めます。
    具体的な取組みとして、請求書や納品書のデジタル化を推進するほか、カタログの発行部数を管理して在庫を制限するなど、適切な運用に努めます。また、カタログの在庫は製紙原料としてリサイクルを行います。

商品の廃棄ロス低減

  • 徹底した生産計画のもとで製造を行い、余剰在庫が生じない取組みをしています。それでも余剰が生じた場合は値下げを行うなど、お客様の利益となるよう還元・販売。そのほか、販売に至らない不良品等は、工業用ウエスへのリサイクルやボイラーの固形燃料に成形して再利用を行うなど、廃棄処理される商品をゼロに近づけています。

正しい経営(ガバナンス)

法令遵守

  • 調達先・販売先に対し決済方法などの取引方法を明確にし、公正な取引を行います。
  • 取引先が反社会的勢力でないことを確認し、適切に対応します。
  • 会計処理を正しく行い、納税義務を正しく果たします。

ダイバーシティ促進

  • 障がい者の方が活躍できる環境を整備し、雇用拡大を目指します。

サプライチェーンの人権・労働環境の尊重

  • 生産工場から輸入する貨物の梱包重量を1箱20kgに制限。物流倉庫で働く方々の安全を守ります。

CSR推進体制

  • 取締役会

    承認・是正・提言 課題・取組みの報告
  • CSR委員会

    活動目標・優先課題の設定/推進体制の管理/取組み状況の管理

    活動支援と管理推進 取組み・活動の報告
    • 営業部門

      【各拠点営業部】

      各営業グループ
    • 生産部門

      【企画生産統括部】

      ・生産 
      ・開発 

      【品質・生産管理部】

      ・プリントラボ 
    • 経営管理部門

      【経営管理部】

      ・ロジスティック 
      ・受注 
      ・仕入れ 
      ・システム 

私たちの想い

誰かの挑戦を応援したい

私たちが手掛けているのはオリジナルプリントや刺繍などの加工販売を前提とした無地ウェア製品。顧客やユーザーが自由に彩りを加えて完成させる、言わば真っ白なキャンバスです。例えば私たちの製品を使えば、想いを持つ新進のクリエイターが、大規模な生産ラインを使わずともアパレルブランドを立ち上げられる。クラスメイト同士、ずっと思い出に残るプリントTシャツを小ロットから注文できる。暮らしとビジネスの中で、そんなふうに新しいことにチャレンジする誰かを応援するサポーターでありたいと、私たちは願っています。

物心両面の幸せを実現

製品やサービスには会社の想いが凝縮されています。そして、それらを生み出すのは、そこで働く社員に他なりません。まず、社員が物心両面から満たされてこそ、良質な製品を社会へ送り出せると私たちは考えます。自身の可能性に挑戦できる環境、そして得られた成果に対して納得できる評価と給与体系。私たちは社員の意見も取り入れながら、待遇や職場環境を充実させてきました。時代が変わっても、根底にある想いは創業からずっと変わりません。社員がいきいきと働く環境から今日もまた、業界を牽引し社会をよりよい未来へと導く、新しい発想が生まれ続けています。

代表メッセージ

これからも必要とされる会社であり続けるため、事業活動、社会貢献活動の両面で価値を提供してまいります。

洋服屋さんがアパレル産業と呼ばれるようになって久しいですが、この間に世界中で衣料品の過剰生産・大量廃棄の状況が進行しました。
2018年の統計では日本国内で、販売される衣料品の97.7%が輸入品です。海外生産の衣料品の場合、発注から店頭だしのリードタイムは数か月かかることも多く、需要予測と実需の乖離が大量廃棄につながる大きな要因となります。
当社では、衣料品の中間財としての製品を潤沢に在庫し、即日出荷を可能にすることにより、製品企画から製品化までのリードタイムを極めて短期間にすることで、需給ギャップによる廃棄になる衣料品を少しでも削減できるよう環境問題解決に貢献してまいります。
また、私たちは以下の内容を大切にして経営します。

  • お客様や仕入れ先、社会にとって必要とされ続けるよう、最善の製品・サービスを創造し、最高の満足を提供し最大の信頼を得るよう努力いたします。
  • 働く人 ひとりひとりの人権を重視し、安心安全で物心両面にわたり満足できるよう努力します。
  • 社会を構成する一員として善を大切にし、法令を遵守します。
  • 環境保護に配慮する経営をいたします。

これからも私たちは会社全体で徳のある経営を目指します。

代表取締役 辻 博之