キャブ株式会社 C.A.B. CLOTHING INC.RECRUITING 2019

ENTRY
下家 美智子

C.A.B.
Next
Generations!!

下家 美智子2015年入社

  • 販売から法人営業へ
  • なかなか売れない焦り
  • これで合ってるの?

目指すのは「売る」のではなく、
「一緒に考えていく」パートナー。

1回の接客が勝負の販売職と、長期的な提案が重要な法人営業。

「私のやっていること、合っているのかな?」スーツの販売員からキャブへ転職した当初は、なかなか結果が出なくて悩んだことがあった。前職は接客して、商品を気に入ってもらえたら、すぐに購入してもらえたけれど、キャブの営業は違う。お客様のビジネスを1年を通して長期的に捉え、どの時期にどういった商品を投下していくのかを提案し、売上が少ない時期には広告戦略まで考える。「自分たちの商品を売る」というより、「一緒になって売上を作る方法を考えていく」スタイル。だから、商談に行ってその場で売れるわけじゃない。でも、長期間関わるからこそ、その場限りではなく、お客様と濃い関係性を作ることができる。試行錯誤して少しずつ提案が通るようになってくると、仕事がどんどん楽しくなってきた。

下家 美智子

下家 美智子Shimoya Michiko西日本営業部 名古屋営業グループ
金城学院大学 生活環境学部
環境デザイン学科 卒業

前職はスーツショップの販売員。新卒入社3年で副店長を任されたものの、労働時間や休日、給与の問題を改善したいとキャブへ転職。今を楽しむ超ポジティブ思考の持ち主。

C.A.B
Next
Generations!!

初めてだらけの別注をやりきった達成感。

今までで一番大変だったのは、入社2年目に担当したバレンタインのノベルティバッグの製作案件。前年はキャブの定番品で対応していたものを、別注で8000枚作ることになった。基本的に在庫で対応する定番品に比べて、文字通りそのためだけに特別に作る別注は、納品までに踏む手順も複雑で、社内の他部署との連携も必要。バレンタインの半年前、夏頃から企画が立ち上がり、お客様である広告代理店と何度も打ち合わせを重ねた。有名ブランドのチョコレートだったので、商標の取り扱いに注意したり、海外でロゴをプリントした製品を輸入するための申請書を手配したり、品質管理部門への確認などなど、初めてのことでわからないことだらけの中、12月末にようやく納品できた時は達成感と安堵感でいっぱいだった。その後、同僚から百貨店で私が関わったノベルティバッグの画像が送られてきた。自分の仕事がカタチになり、世の中に出ていったことを実感できて嬉しさもひとしおだった。

怖がらずに、もっとお客様に踏み込みたい。

私はお客様に変に気を使いすぎて、「こんなこと訊いたら嫌がられるかな?」と思って、なかなか切り込んでいけないことがある。そんな私が尊敬する先輩、笹森さんは物腰柔らかで、すごく女性らしい見た目だけど、核心を突いてお客様に決断を迫っていくタイプの営業。お客様が今までキャブの商品を買わなかった理由をどんどん切り崩して、最後には「これで買わない理由はないですね。買いますね?(にっこり)」とクロージングする様子は鮮やかとしか言いようがない。それに加えて電話でのフォローなど細やかな気配りも忘れないから、お客様の信頼も厚い。先輩の中にはお客様とケンカになるほど、腹を割って話をしている営業もいる。私はそこまでお客様に踏み込めているかと振り返るとまだまだ。私もこれから先輩たちのように、自分だけの営業スタイルを見つけていきたいと思う。

下家 美智子 下家 美智子
United Athleのステッカーを貼ったB5サイズのビジネス手帳。入社時は「そんなに書くことがあるのかな?」と思っていたそうだが、今では予定でいっぱいに。会社の同僚とは仕事帰りや休日に飲みに行くことも。おいしいお肉でエネルギーチャージ。

C.A.B
Next
Generations!!

下家 美智子

キャブで、自分らしく
成長していこう。

先輩社員にコンタクト!

ご入力ください

正しい形式でご入力ください

メールアドレスが一致しません

質問・メッセージをどうぞ!

入力内容を確認

お名前
メールアドレス
質問・メッセージ
PAGE TOP