キャブ株式会社 C.A.B.CLOTHING CO.,INCRECRUITING 2019

ENTRY

キャブに、挑戦できる
フィールドがある理由。
キーワードは、“流通の川上”、
“モノづくりへのこだわり”、
“戦略的営業”。

キャブのビジネスを一言で表すと、
「商社機能を持ったアパレルメーカー」。
日本国内の繊維製品、アパレル流通の一番川上、
消費者から最も遠い立ち位置でビジネスを展開しています。
自分たちの責任で海外の生産現場を管理しながら、
自分たちのブランドをつくってきた私たち。
そんなキャブの“今まで”と“これから”、
そして“キャブで働くことで身につけられる力”について、
お話ししましょう。

キャブの
“今まで”“これから”

アパレル流通の川上で発生するリスク。
それをお客様の代わりに負う、
というビジネスモデル。

 キャブの商品は、ベーシックで、シンプルで定番性の高い、流行やトレンドにあまり左右されない、無地のTシャツ、ポロシャツ、トレーナー、パーカーなどのウェア。それらの在庫を、日本国内で常時大量に持っています。
 在庫を大量に持つのは、私たちのお客様のリスクを肩代わりするためです。例えば、広告代理店は、クライアントの販促イベントのために数千枚のTシャツを必要とすることがあります。しかし、いつ発生するかわからない案件のためにTシャツの在庫を持ちたくはない。一方、ひとたび案件が動いた際には、すぐに大量のTシャツを用意する必要があります。また、セレクトショップなどのアパレル小売業も、売れ残りのリスクを回避するため、できるだけバックヤードに在庫を抱えたくない。プリントショップやユニフォームメーカーも同様です。そこで、お客様がリスキーだと思うこと、煩わしいと思うことを、キャブが代わりに負っているのです。私たちが海外へ飛び、モノづくりをして、お客様のビジネスに必要なウェアの在庫を確保する。お客様が必要とした時には、ほしい商品が、ほしい数量、確実に届く。このサービスに利便性、価値を感じていただき、評価していただいているのです。

 私たちがお客様の代わりにモノづくりのリスク、在庫リスクを負うことで、お客様は経営資源を他へ集中させることができます。そして、エンドユーザーに直接販売を行わない私たちの代わりに、ウェアのオーダーを取ってきてくださる。お互いがリスクを負いあって、Win-Winのビジネスモデルができあがっています。

まだ見えていないビジネスチャンスを探せ。日本で、そして海外で。

 私たちが展開する「United Athle(ユナイテッドアスレ)」は、プリント加工を前提とした無地ボディのブランド。その出荷量の半分は、お客様の商品としてネームを付け替えています。あなたが音楽フェスで買ったバンドTシャツ、セレクトショップのロゴ入りTシャツ、バイト先の制服、サークルで作ったお揃いのTシャツなどの中に、私たちの商品があるかもしれません。
 こうしたプリンタブルウェアの市場は、ここ数年大きな広がりを見せています。例えば、近年定着したクールビズにより、夏のオフィスユニフォームとしてポロシャツなどのカジュアルウェアが採用されることが増えました。音楽業界ではCDの販売数が落ちてきている一方、コンサートやフェスなどライブが増え、会場の物販ブースでアーティストのプリントTシャツがグッズとして売り上げを伸ばしています。市場の拡大に伴い、キャブの業績も右肩上がりを続けています。しかし、国内市場がいつまでも拡大するわけではないでしょう。そこで、次の戦略として考え得る方向性が2つあります。

United Athle

 まずひとつは、「国内での潜在的なニーズの開拓」です。先ほど挙げたクールビズや音楽物販のように、今はまだ見えていないが、これから私たちが必要とされる領域があるかもしれない。すでに接点のあるお客様の課題を、私たちの商品・サービスで解決できるかもしれない。その芽を見つけるのは、日々現場でお客様と接している社員一人ひとりに他なりません。プリンタブルウェアのビジネスモデルも、現在のキャブの中核メンバーが顧客の声を聞き、築いてきました。これから入社するあなたにも、新しい次なるステップを考え、開拓する面白さを味わっていただきたいと思います。
 もうひとつの切り口は、「海外市場への本格参入」。すでに台湾に駐在員を置き、日本と同じように台湾国内に在庫を持つビジネスをスタートし、すでにオーダーも入ってきています。これを軌道に乗せ、さらには韓国、香港、シンガポール、マレーシアへの市場参入を目指していきます。

どこよりもモノづくりにこだわる。
歴史を持つアパレルメーカーとしてのプライド。

 キャブは国内のプリンタブルウェア業界で、現在第2位。私たちがお客様に提供するソリューションは、「他にはない、品質にこだわった商品」。アパレルメーカーとして創業86年の長い歴史を持つことは、業界内では他にはなく、私たちの大きな強み。衣料品としての品質の良さ、定番品を少しずつアレンジし、流行を取り入れる先進性には自負があります。Tシャツを例にあげると、ヘビーウエイトで襟のリブの太いアメリカンな定番品と、近年のトレンドに合わせた薄手でやわらかいリブ幅の細い商品、両方をラインナップ。また、業界のオピニオンリーダーとして、新商品をいち早くリリースしています。
 品質にこだわりを持つことは揺るぎませんが、価格において価値を感じていただける商品づくりを諦めているわけではありません。価格競争力があり、かつ品質のいい商品をつくるための戦略として、高級・上質ライン、中間ライン、低価格ラインと、複数レーベルの展開を進めつつあります。
 私たちにとって、売り上げ数字は目的ではありません。とことんモノづくりにこだわり、お客様に喜んでもらえる商品を生み出す。品質で勝負していく。トレンドで勝負していく。そんなふうに言ったら、ちょっとカッコつけすぎですか?

キャブ イヤーアワード
「キャブ イヤーアワード」は、1年を通じて、最も良い変化・成長をした1名を全社員の投票により決定し、表彰する制度。売上金額や新規獲得件数といった実績が対象ではないため、チャンスは新人からベテランまで平等。実際に入社1年目で獲得した社員もいます。

緻密なシナリオに基づく戦略的な提案。キャブだからこそ身につけられる提案営業の力。

 正直に言います。キャブの営業には、ダイナミックさはありません。商談当日、営業の目の前で、数千万円単位の大型受注は決まりません。それは、キャブのビジネスモデルは、B to B to C(Business to Business to Consumer)だから。一般個人消費者から一番遠い私たちが行う営業は、直接の取引先である企業にキャブの商品の良さを売り込むこと。品質の良さと価格のバランス、在庫の安定性、オーダーのしやすさ、オーダーから商品到着までのサービスのレベル、これらの要素をお客様に理解していただき、ウェアを必要とする案件が発生した際、真っ先にキャブの商品を思い出してもらえるような営業活動をしています。
 キャブの提案内容は、お客様によってすべて異なります。ビジネスの規模も、業態も異なるお客様のお困りごとを伺い、課題を探り出す。そして、キャブの持っている商品、サービス、仕組みを使って解決方法を導き出す。時には、キャブの商品を使わないくていいと断ることさえあります。それも、真剣にお客様のことを考えているがゆえ。

 結果が出るまで半年以上かかることもあります。しかし、即受注はない一方、長期にわたってお客様とリレーションを築き、お客様のその先で発生する大きなオーダーにつなげていく戦略的な面白さがあります。緻密なシナリオを描き、パズルがカチッとハマるように、お客様の課題を解決できた時の喜び、達成感は他では味わえないと思います。
 単純に価格で勝負する営業ではなく、問題解決型の提案営業だからこそ、お客様から評価され、絶対的に信頼していただける営業能力を身につけることができるのです。

挑戦して、失敗して、成長して。

人間は不完全で、有限な存在。
だからこそ自分の可能性を信じ、
積極的に人生に“挑戦”しよう。

 人間の可能性は無限だと言う人もいますが、私は無限ではないと思っています。ただ、有限だけれども、きっと自分が思っている“自分の限界”よりはるかに高いところに、各々の限界がある。だから、「私はこんなものだから」とか「どうせ俺なんて」とか、自分で自分の可能性にフタをするような考え方は止めたほうがいい。人間は万能ではないから、できないことももちろんあるけれども、せっかくの一回きりの人生だから、挑戦しないのはもったいない。キャブが掲げる経営理念「可能性への挑戦」には、そんな思いが込められています。

 代表者である私に社員たちから、たびたび意見や提言があります。基本的に彼らが言ってきたことをないがしろにはしません。任せた結果、時には失敗もあります。でも、社員の可能性を信じ、任せてきたからこそ、今日のキャブの発展があると思っています。
 私の“挑戦”は、社員が入社したことを後悔しない会社にすること。採用するからには、私には責任があります。簡単に放り出しては、「可能性の挑戦」にはならないから。経営者として立派な挑戦ではないかもしれませんが、社員が社会や人の役に立つやりがい、そして自らの成長を感じられる会社でありたいと思っています。

キャブ株式会社 代表取締役 辻 博之

 

Next Recommendation

「今から思えば、あの時が
会社のターニングポイントだったのかもしれない」

キャブの事業が大きく動いた時、
そこにはいつも社員の苦悩と成長があった。

「挑戦の軌跡」を読む
PAGE TOP