History
キャブの歴史 1930年代~

1930年代

1930年代~
創業から80年以上の歴史を誇るアパレルメーカー

Made in U.S.A.の品質に魅了された時代 品質へのこだわりの基盤

1930年 帝国陸海軍及び逓信省放出品の入札業を「辻合名」として創業
1947年 終戦後米軍放出品の入札業を「辻喜八郎商店」として再開

1930年創業

1930年(昭和5年)、キャブ株式会社の前身「辻合名」として創業しました。
当時は帝国陸海軍、逓信省(ていしんしょう:かつて日本に存在した郵便や通信を管轄する中央官庁)からの 放出品(軍などから民間に払い下げられた物資)の入札業として創業。
戦争による一時的な中断を経て、1947年、戦後間もなくアメリカ軍の放出品の取り扱いを開始。
アメリカ製衣料は、原材料から縫製・加工・設計、すべてにおいてクオリティが高く丈夫で高機能でした。
当時世界で最も豊かであった国が手掛けた“Made in U.S.A.”の品質にこそ、わたしたちの製品に対する想いのルーツがあります。
1955年には旧本社住所である名古屋市中村区名駅二丁目(旧:中村区広井町)へ移転。
そのころには、防寒着やデニムの取り扱いに向けて可能性を拡げていきました。

創業当時の写真
創業当時の写真
「メンフィス・ベル」号クルーたちのフライト・ジャケット
「メンフィス・ベル」号クルーたちのフライト・ジャケット
NEXT